学校を決めてから留学をするまで

学校を決めて、入学日を3月末日とした。

大学生のピークを迎える時期を避けるというのは、嘘です。

実際のところは、友達と一緒に行こうという約束をしていて

彼が、仕事を辞めれるのが、3月末だったのだ。

それに合わせて、留学する予定だったのだけれども、

友達は結局来なかった。

よし、起業して一旗あげようぜ!!!

とお互いに意気込んでいたが、結局はこんなものである。

どんな事情があれ、もし仮にビジネスを一緒にやろうとなる人が現れた時、

ノリだけでやるまいと決心するいい機会だった。

前置きは、このくらいにして、留学前にしておいた方がよかったことを書いておく。




ーーー

【留学前にしておいた方がよい3つのこと】
1フィリピン留学で、明確な目標を立てること
2学校の見学
3事前の学習

ーーー

「1フィリピン留学で、明確な目標を立てること」に関しては

なんとなく楽しかったで終わらないように、明確な目標を作るようにしておくといいと思う。

TOEICは、点数が出るのでわかりやすい。

そして、スピーキング力なら、事前にオンライン英会話などでどのレベルなのか

診断してもらうと良いと思う。

帰国後に、実際にオンライン英会話を再度してみて、成長度を測るのも意味があると思う。

例えば、日常英会話初級→日常英会話上級とか。

こうすると、定量的ではないけれど、客観的に判断できると思う。

僕の場合は、

『東南アジアで仕事をしていくために、TOEICを絶対に700点取る』

というような目標だったと思う。(ここも、留学中に目標が変更された)

ーーー

できれば事前に、「2学校の見学」はしておくことをオススメしたい。

東京で会社員をしていた時に、有給を使ってセブ島に下見にきていた。

『ここなら、生活できる!!!』という確信を持って、留学したのだ。

フィリピンの雰囲気に慣れておくのもあるし、物価とかも確認できる。

留学エージェントも適当なところが多いと聞くので、やっぱり自分の目と耳で感じることをオススメしたい。

ーーー

最後の「3事前の学習」は、本当に留学を最大化するためにオススメしたい。

僕が通ったサウスピークは、事前学習の参考書を指定してくれるが、

別に強制はしないので、意外とやってこない人も多い。

サウスピーク以外に留学する場合でも、自分で勝手に参考書とかで勉強するのがいいと思う。

少なくとも、リスニングを毎日聞くとか、単語を1日1個覚えるとか。

そんな小さな積み重ねが、必ず留学の費用対効果をUPさせてくれる。

ーーー

次回から、留学の中身について書いていこうと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。